盛久ギャラリー Iwate Morioka
ごあいさつ
盛久の歴史
ご利用のご案内
展示情報
メディア掲載
MAP
リンク
お問い合わせ





2017年の展示・催事

2017年7月15日(土)~7月17日(月) ギャラリー・応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
平心会書道展 ~生活の中に書のある人生~
書道研究・平心会(奥州市・佐藤平泉会長)の会員27名の作品展。暮らしの中になじむ小品を中心に、さまざまな書体の作品40点を展示。盛久ギャラリーで3回目。

2017年7月4日(火)~7月9日(日) ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
創作織部 廣部克爾展
滋賀県長浜市に雲爾窯を構える廣部さんが盛岡初個展。オリジナル釉薬を使用した緑色の器など。食器、花器など約300点。

2017年6月27日(火)~7月2日(日) ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
伊藤由美子作品展
秋田市出身、盛岡市在住の版画家・伊藤由美子さんの個展。岩手大学在学中に2人展を開催以来盛久ギャラリーでは9年ぶり2回目。個展としては盛久ギャラリーでは初めて。
水彩絵の具を用いた透明感ある木版画と、ドライポイントの新作も合わせ19点。


2017年6月23日(金)~6月25日(日) ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
タキタヒロコ和紙絵展 『やわらかな色が和紙の上で』
盛岡市のタキタさんが初の個展。和紙にアクリル絵の具で描いた額絵19点のほか、タペストリー、衝立、和紙で作った立体造形など全35点。草花や自然の風景にインスピレーションを感じ作品にしたものが多数。

2017年6月13日(火)~6月18日(日) ギャラリー・応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
花遊展 押し花・ポーセラーツ・ファッションステンシルの作品展
盛岡市の押し花インストラクター石川里久恵さんと佐々木登美子さんが押し花作品49点を展示。二人はポーセラーツ(白磁に絵柄を転写して焼き付ける工芸)のインストラクターもしており、今展では生徒8人の作品を含めポーセラーツの食器など150点、さらに佐々木さんが手がけるファッションステンシル(洋服やバッグ等にアイロンで色や模様を転写)作品30点も展示。盛久ギャラリーで初めての開催。

2017年6月6日(火)~6月11日(日) 応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
栗谷川玲絵画展 Re:とりとめもなく
岩手県滝沢市のイラストレーター栗谷川さんが個展。アクリル、オイルパステル、水彩絵の具で描いた絵画30点。盛久で初めての開催。絵画のほかポストカードの販売も。

2017年6月6日(火)~6月11日(日) ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
千田玲子(陶芸)×ささきりえ(金属)  ふたり展

仙台市の陶芸家・千田さん、横浜市の金属造形作家・ささきさんの作品展。
オブジェ、花器、食器、ジュエリーなどの新作を中心に400点を展示販売。盛久ギャラリーで2年ぶり3回目。


2017年5月30日(火)~6月4日(日) ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
海野一枝創作人形展
盛岡市の人形作家・海野さんが個展。屋外展示も含め150体以上の人形を展示。人形に着せている服や着物の 染めや編み、古布の手縫いなども手作り。盛久ギャラリーでは初めて。

2017年5月25日(木)~5月28日(日) ギャラリーにて 10時~18時(最終日17時)
い・ふ〈橋本勲・扶美子〉展7 えのむし きのむし ほんのむし
盛岡市の橋本さん夫妻による作品展。木工作家の勲さんの家具や小物、妻・扶美子さんの銅版画や絵。虫がテーマの作品を中心に100点。盛久ギャラリーで7回目。

2017年5月23日(火)~5月28日(日) 応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
益子の器 松下忠生・曜子二人展 
栃木県益子町に窯を構える松下さん夫妻による陶芸展。呉須と塩釉を使用した青い器、伝統釉の黒・柿釉、黒に緑釉の新味の器など250点。盛久で5回目。

2017年5月16日(火)~5月21日(日) ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
島見美由紀陶芸展 
岩手県一関市出身、宮城県岩沼市で作陶する陶芸家・島見さんが盛久ギャラリーで二回目となる個展。三種類の土を配合して作り上げた色が特徴的な赤土を使用した花器の他、青や若草色の釉薬を使用した新作茶碗なども含め50品目150点。

2017年5月9日(火)~5月14日(日) ギャラリー・応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
グループ径展 油彩・水彩・工芸
大西恵美子、一條喜久子、伊東明子、瀬川明甫、野村恭子、三浦千波の各氏による絵画に加え、一條喜久子さんの父・一條俊正さんの工芸作品も加えた、計7人の作品展。全員岩手県出身。絵画38点、獅子頭や面など14点。グループ径展は盛久ギャラリーで4回目。

盛久ギャラリー企画
2017年4月27日(木)~5月5日(金) ギャラリー・応接サロン・たくみの間にて 10時~18時(最終日16時)
盛久ギャラリー開廊10周年記念
いわて心の風景原画を中心に 村田林藏水彩画展
花巻市大迫出身の日本画家・村田林藏氏の個展。岩手日報に連載中の、絵と文で綴るシリーズ「いわて心の風景」の水彩原画28点と、その他の水彩画10点、日本画14点の合計52点を展示。ポストカードの販売も。10周年を記念し、第3会場として「たくみの間」に日本画を展示し特別公開。

2017年4月19日(水)~23日(日) 
応接サロンにて10時~18時(最終日16時)
床に敷く絵画・キリムと呼ばれる敷物展 同時開催 crandoの小さな羊展
静岡市のキリム販売・エイシア主催のキリム展。トルコ、パキスタン、アフガニスタンなどの平織り・手織り敷物約250点を展示販売。また、北上市の木工工房crandoの笠原悠貴さんによる羊のメモスタンドもコラボ販売。

2017年4月18日(火)~23日(日) 
ギャラリーにて10時~18時
飯坂真紀作品展「雲には銀の裏地が付いている」
盛岡市の画家・飯坂真紀さんの絵画個展。新作・近作14点。ポストカードや、自身が編集を手がける雑誌「岩手の芸能とくらし・とりら」の販売も。盛久ギャラリーで7回目。


2017年4月14日(金) 応接サロンにて 18時30分開場 19時開演
紙町おたのしみライブ マリンバでバッハを
マリンバ演奏:田中舘靖子 コーヒー・おみやげ銅版画付 2000円
紙町銅版画工房 ちっちゃい銅版画クラブ展7の期間中にマリンバ演奏のおたのしみライブを予約制で開催。

2017年4月11日(火)~16日(日) ギャラリーにて10時~18時(最終日16時)
紙町銅版画工房 ちっちゃい銅版画クラブ展7
盛岡市上ノ橋町の紙町銅版画工房主宰の岩渕俊彦氏と、工房に通うメンバー計17名の作品展。それぞれの銅版画作品の展示と、銅版画以外の手作り小物なども販売するコーナー紙町商店も。同工房の作品展は盛久ギャラリーで8回目。

2017年3月3日(金)~6日(月) ギャラリー・応接サロンにて10時~18時(最終日16時)
3月3日3人展
盛岡市の黒羽よしゑさん、大星衛さん、神奈川の黒羽慎平さんの家族3人展。黒羽よしゑさんはフェルト絵と帽子、よしゑさんの弟の大星衛さんはフェルト帽子、よしゑさんの息子の慎平さんはアートTシャツと絵を展示販売。よしゑさんは盛久で2回目、大星さんと慎平さんは盛久で初の展示。

2017年2月4日(土)~5日(日) ギャラリーにて10時~17時(最終日16時)
いわて4人の住宅作家展-我が家へようこそ-
岩手県内の4人の住宅作家が、盛久ギャラリーで2回目となる展示会を開催。自邸の設計、改修事例などを、写真や模型とともに紹介。出展は 植田優、大塚陽(盛岡市) 大森典子、片岸弓枝(滝沢市)。
 

2017年1月24日(火)~29日(日) ギャラリーにて10時~18時(最終日16時)
Atsushi個展『涙と微笑みが半分ずつになりたい』
盛岡市のAtsushiさんが、作品21点を展示。盛岡市内で撮影した写真をもとに、絵画的に加工したグラフィック作品。盛久ギャラリーでは、初めての開催。

2017年1月17日(火)~22日(日) ギャラリーにて10時~18時(最終日17時)
さん -三人展-
山口千代香(映像、空間展示) 柳久保萌絵璃(染織による空間展示・絵画) 高成花織(絵画)
盛岡市の岩手大学に在学中の3年生有志3人が作品展。絵画、空間展示、映像作品など計11点。3名とも盛久ギャラリーでは初めての開催。








展示情報へ戻る

トップページへ戻る






Copyright (C) 2007 MORIKYU-GALLERY. All Rights Reserved.