盛久ギャラリー Iwate Morioka
ごあいさつ
盛久の歴史
ご利用のご案内
展示情報
メディア掲載
MAP
リンク
お問い合わせ





2018年の展示・催事


2018年12月4日(火)~12月9日(日)
応接サロンにて 10時~18時(最終日16時迄)
天沼三津子七宝ジュエリー展ⅩⅩⅩⅠ 

盛岡の七宝作家天沼さんが個展。銀線と七宝による多彩な装身具を展示販売。盛久で9回目。

2018年12月4日(火)~12月9日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時迄)
@WIND展 

盛岡の美術家13人の作品展。抽象、具象おりまぜての絵画作品36点。盛久ギャラリーで8回目。

2018年11月30日(金)~12月2日(日)
応接サロンにて 10時~17時(最終日16時迄)
木羊日展 From now to now and to now
宮古市川井で羊とともに暮らす母娘の作品展。ホームスパンのマフラー、羊毛フェルトの帽子や小物、絵画、木彫りブローチなど。盛久で11回目。

2018年11月27日(火)~12月2日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時迄)
岩大美術50s同級展2018
岩手大学美術科OBのグループ展。昭和50年入学の同級生13人が出展。絵画、彫刻、立体など25点。盛久ギャラリーで5回目。

2018年11月20日(火)~25日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時迄)
手織絨毯ギャッベ展
東京目黒区の専門店ギャッベハネ主催。イランの遊牧民の手織絨毯ギャッベを大小さまざまなサイズで紹介。また、ミニギャッベを作るワークショップも開催。盛久ギャラリーで3回目。

2018年11月21日(水)~23日(金)
応接サロンにて 10時~18時(最終日16時迄)
谷藤艶子フェルト展
盛岡市の谷藤艶子さんの個展。羊毛と布を組み合わせた衣服、マフラー、羊毛フェルトの小物やアクセサリーなど。盛久で3回目。

2018年11月16日(金)~18日(日)
応接サロンにて 10時~18時(最終日16時迄)
上澤多美子ニット展Ⅶ展
盛岡市の上澤多美子さんの手編み作品。自身で染めて紡いで編んだ羊毛のセーターなど。今回は、上澤さんお知り合いの画家・木部一樹さんが描いた野鳥の絵も同時展示。上澤さんは盛久ギャラリーで5回目。

2018年11月15日(木)~18日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時迄)
RIPOSO. 藤井祐人の洋服展
札幌市の藤井さんが岩手県で初の展示。デザインから縫製までひとりでこなした洋服を展示販売。上質な生地を使い着心地にこだわった服の数々。

2018年11月9日(金)~12日(月)
ギャラリー&応接サロンにて 10時~17時
第8回 ホームスパン 植田紀子織物教室 十人十色展
盛岡市の植田紀子さん主宰の教室メンバーの作品展。羊毛 手紡ぎ・手織りのマフラーや服地、毛足の長いノッティング技法のマットやタペストリーなど多彩に展示。盛久ギャラリーで6回目。

2018年11月2日(金)~4日(日)
応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
SILVER PORTRAIT

盛岡市の吉田まりさん(彫金)
、松坂渉さん(鋳金)、島守宏和さん(彫金・漆)の3人展。シルバーを中心とした装身具の展示会。このメンバーでは2回目。


2018年10月30 日(火)~11月4日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日17時)
テンペラ画グループ展vol.1

盛岡市の画家・安ケ平愛美さん主宰のテンペラ画教室のメンバー6人と、安ケ平さんの恩師でもある画家・種倉紀昭さんも出展し計7人のグループ展。テンペラ画のグループ展は盛久ギャラリーで初めて。

2018年10月23日(火)~28日(日)
ギャラリー&応接サロンにて 11時~18時(最終日16時)
高垣リミ(彫刻)・伊藤康子(書) 展

奈良県の彫刻家と盛岡市の書家の二人展。彫刻、書の新作のほか、ふたりの共同制作による墨書の衣服やブローチなども展示。この二人展は初めての開催。

2018年10月19日(金)~21日(日)
応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
岡田京子・HIROYUKI WORKS作品展

滝沢市の岡田京子さんがビーズをあしらって作った手編みバッグや小物、盛岡市の岡田広行さんは自作の絵画とプリントTシャツを展示販売。親子二人展。岡田京子さんは盛久で5回目。

2018年10月19日(金)~21日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
TEMS盛岡支社絵画クラブ会員発表展

テムス(東日本電気エンジニアリング)盛岡支社の絵画クラブ会員が年に一度の発表展。風景画を中心に油絵30点。盛久ギャラリーで7回目。

2018年10月16日(火)17日(水)
ギャラリーにて 10時~17時(最終日16時)
星美会 茶掛を楽しむ古美術展示会
東京の古美術ふじもと主催の茶道具展。江戸初期~昭和初期の手紙の掛軸を中心に、茶碗や棗なども。

2018年10月9日(火)~10月14日(日)
応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
紫根染めとつづれ織り展 
秋田県の佐藤勝悦さんと、山形県の榎本美芳さんの二人展。佐藤さんは紫を栽培し、その根を使い染色する紫根染を。着物、反物、ストールほか。榎本さんは爪掻き本つづれ織りによる額装作品や帯。染めのタペストリー、服、小物など。榎本さんは養蚕もし、桑茶や桑茶あめなども販売。

2018年10月9日(火)~10月14日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
第2回 阿部貞子人形教室展 
盛岡市渋民で人形教室を開く阿部さんと生徒7人の作品展。球体関節人形も含め個性ある人形作品を展示。盛久ギャラリーで2回目。

2018年9月28日(火)~10月6日(土)
ギャラリー&応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
盛久ギャラリー企画
境界 オブジェと器  
出展 泉田之也、岩渕幸治(陶芸) 岸田奈津希(漆) ささきりえ(金属) 志賀英二(ガラス)
東北出身または在住の工芸家5人の作品展示会。オブジェとしても器としても楽しめる作品を中心に計200点以上。
 

2018年9月21日(金)~9月23日(日)
応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
趣味の手づくりバッグ展  
久慈生まれ九戸在住の伊保内恒子さんが長年趣味で作ってきた裂き織りのバッグやタペストリーを展示。また、姪の岡本弘子さんの洋裁作品も含めさまざまな手仕事も展示。盛久で初。

2018年9月18日(火)~9月23日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
パリのエスプリ 大森良三展  
久慈生まれで千葉県在住の画家の個展。40年以上毎年パリに通い描いている大森さん。風景画を中心に、油彩、水彩計43点を展示。盛久ギャラリーで4回目。

2018年9月11日(火)~9月16日(日)
応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
久保田順子展 箔による平面作品  
仙台市在住の久保田順子さんの個展。盛久ギャラリーで6年ぶり2回目。絵画やシルクスクリーンの技法などにきらめく箔を組み合わせた平面作品。和歌を題材にした作品を中心に。

2018年9月11日(火)~9月16日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
阿部貞子 ルパート・グロッテンターラー 創作人形と陶芸展 
盛岡市在住の人形作家阿部貞子さんと、ドイツの陶芸家ルパートさんの二人展。ルパートさんは岩手県内初展示。福島のこどもたちの心情を表現した人形と、無煙窯で焼成した陶芸作品。この二人展は盛久ギャラリーで初めて。

2018年9月4日(火)~9月9日(日)
ギャラリー&応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
石川みそたろう個展 アモケダオン2018
盛岡在住・紫波に工房を構える陶磁器作家が盛久ギャラリーで初の個展。アモケ(お化け)をモチーフにした作品を中心に花器や食器、陶板画など約130点。
 

2018年8月28日(火)~9月2日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
村上紘一展 そらをうつす
盛岡に住んで2年目の画家が盛久ギャラリーで2回目の個展。自然をモチーフにした油彩画を中心に水彩、銅版画も含め30点。

2018年8月24日(金)~8月26日(日)
ギャラリー&応接サロンにて 10時~17時(最終日16時)
アンティークきものコレクション 襟元のエレガンス~半襟の楽しみ
盛岡市の鈴木啓明さんがコレクション展。明治~昭和初期のきもの、帯、骨董小物など多彩に展示。
刺繍が美しい半襟を集めたコーナー展示も。盛久ギャラリーで8回目。

2018年7月28日(土)~7月29日(日)
応接サロンにて 10時~18時(最終日17時)
東南アジアの布を楽しむ~暮らしに生かす彩りの布展
盛岡市の沢田ミヨ子さんが盛久で初個展。マレーシア、タイ、インドネシアなどの布を使い手作りしたエプロン、ティーマット、手提げバッグほかを展示販売し、東南アジアの布を紹介。

2018年7月27日(金)
2階和室にて 10時~16時30分
古美術はりま展示即売会
東京の古美術はりま展。お茶道具、掛軸などを展示販売。盛久で4回目。

2018年7月26日(木)~7月29日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(初日14時~、最終日15時まで)
京の絞り職人展
京都絞栄会主催の展示会。絞りのきもの、ゆかた、帯、襦袢、他小物などさまざまを製造元直販。特別展示は絞りのウエディングドレスと打掛。盛久ギャラリーで7回目。

2018年7月19日(木)~7月22日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
漆と蒔絵のコレクション展
盛岡市の阿部正雄さんが趣味で収集した野弁当、和食器、小鼓など約80点を展示。盛久ギャラリーで初めて。

2018年7月14日(土)~7月16日(月)
ギャラリー・応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
平心会書道展 生活の中に書のある人生
岩手県の書道研究平心会(佐藤平泉会長)の29名による作品展。さまざまな書体の新作を中心に約50点。盛久ギャラリーで3回目。

2018年7月7日(土)~7月11日(水)
ギャラリーにて 10時~17時(最終日16時)
陽山窯 水野雅之・澤三 茶陶展
岐阜県土岐市の水野さん親子の茶陶展。茶碗、茶入れ、花入れほか茶道用の陶器約200点。盛久ギャラリーで2回目。

2018年6月26日(火)~6月29日金)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
創作織部 廣部克爾展
滋賀県長浜市の廣部さんが個展。花器、食器等の陶芸作品多数。盛久ギャラリーで2回目。

2018年6月19日(火)~6月24日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
水彩二人展
北上市の水彩画家・川杉雅江さんと畠山純子さんの作品展。水彩で描いた花に英字新聞をコラージュした作品や、青や緑色を基調とした心象画など全37点。盛久ギャラリーで初めての開催。

2018年6月12日(火)~6月17日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
水彩スケッチの愉しみ展
盛岡市の水彩画家・狩野直子さんが講師をつとめる水彩画教室に通うメンバー20名の作品展。花や風景画など40点。盛久ギャラリーで初めての開催。

2018年6月12日(火)~6月17日(日)
応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
狩野直子展 季節を感じる岩手の野鳥
盛岡市の水彩画家・狩野直子さんの個展。生活情報紙マ・シェリに連載した野鳥シリーズの原画のほか、花や風景画も含め35点。盛久ギャラリーで初めての開催。

2018年6月2日(土)~6月10日(日)
ギャラリー&応接サロンにて 11時~19時(最終日16時)
中村太樹男展
盛岡市の画家・中村太樹男さんの個展。新作絵画を中心に、紙を幾層も重ねた「重層絵画」、立体、ジクレーなど計63点。盛久ギャラリーで2年ぶり2回目。

2018年5月24日(木)~5月27日(日)
応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
菊地和好陶展
岩手県遠野市の陶芸家・菊池和好さんが個展。野焼き、穴窯、ガス窯 それぞれの焼成の魅力がある陶芸作品約100点。震災で穴窯が崩壊してしまった菊池さん、再建した窯での作品展を盛岡で開催するのは7年ぶり。盛久ギャラリーでは初。

2018年5月24日(木)~5月27日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日17時)
い・ふ展8 ~えのむし きのむし ほんのむしⅡ
岩手県雫石町に工房をもつ木工作家・橋本勲さんとその妻扶美子さんの夫婦展。虫をテーマにした展示会は2回目。新作は木工のスカラベ。他にもさまざまな木工作品、扶美子さん作の花モチーフの銅版画など。盛久ギャラリーで8回目。

2018年5月18日(金)~5月20日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日16時)
菩提樹皮のある暮らし
岩手県雫石町の菩提樹皮研究会(代表・小田晴世)の三名による作品展。樹皮を用いた手仕事色々。タペストリー、敷物、かごバッグ、花入れ、アクセサリーなどを展示販売。盛久ギャラリーで3回目。

2018年5月15日(火)~5月20日(日)
応接サロンにて 10時~18時(最終日17時)
土井潤美 絵画展
盛岡市の土井潤美さんが初個展。インクの濃淡やにじみを活かした絵画34点を展示。

018年5月15日(火)5月16日(水)
ギャラリーにて 10時~18(最終日16時)
星美会古美術展 茶の湯の掛物
東京文京区の古美術ふじもとによる展示会。骨董書画掛軸を展示。

2018年5月8日(火)~5月13日(日)
ギャラリー・応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
グループ径展
大西恵美子・一條喜久子・一條俊正・佐藤紅桜・志賀眞佐子・瀬川明甫・三浦千波の7名によるグループ展。絵画、書、工芸 計50点。出展者は岩手県出身または在住の画家や美術愛好家。グループ径展は盛久ギャラリーで5回目。

2018年5月4日(金)~5月6日(日)
ギャラリーにて 10時~18時(最終日15時)
古美術浪坂茶道具展
盛岡市の古美術浪坂主催の骨董茶道具の展示販売会。盛久ギャラリーで6回目。

2018年5月2日(水)~5月6日(日)
応接サロン・たくみの間にて 10時~18時
盛久収蔵品展 南部絵と岩手の風景
岩手ゆかりの画家・中井汲泉の南部絵を展示。また、県人作家がさまざまな岩手の風景を描いた絵画・版画の展示。絵はがきの販売も。
応接サロン
たくみの間


2018年4月24日(火)~4月29日(日)
応接サロンにて 10時~18時(最終日17時)
阿部夏希作品展 てらす
盛岡市の作家阿部夏希さんの個展。新作銅版画(メゾチント)を中心に。てづくりの箱や本の作品、ポストカードの販売も。盛久で初めて。

2018年4月24日(火)~4月29日(日)
ギャラリーにて 10時~18時
飯坂真紀絵画展「まほうですか?」
盛岡市の画家飯坂真紀さんの個展。新作絵画を中心に17点。絵のポストカード、飯坂さん編集の民俗芸能誌「とりら」、絵本「ねこ町のクラムボン(高橋正明画集、企画・編集 飯坂真紀)」の販売も。盛久ギャラリーで8回目。

2018年4月17日(火)~4月22日(日)
応接サロンにて 10時~18時(最終日16時)
さいとうゆきこ作品展
盛岡市の作家さいとうゆきこさんの個展。新作絵画を中心に染織作品も含め40点。ポストカードなどの販売コーナーも。盛久ギャラリーで3回目。

2018年4月17日(火)~4月22日(日)
ギャラリーにて10時~18時(最終日16時)
紙町銅版画工房作品展
盛岡市上ノ橋町の紙町銅版画工房(岩渕俊彦代表)の講師と生徒計22名の作品展。展示のほか、銅版画や手作りグッズの販売コーナーも。ープニングイベント「プリンとプリントの夕べ」ではギャラリートークのあとにプリン17段重ねがおこなわれた。

2018年4月10日(火)~4月15日(日)
ギャラリーにて10時~18時(最終日17時)
馬淵ひろみ作品展
盛岡市の馬淵ひろみさんが個展。さまざまな画材や素材を使用したコラージュ絵画の新作を中心に、「北の文学」挿絵の原画や、文字盤に作品をプリントした時計など全27点。盛久ギャラリーで2回目。

2018年4月4日(水)~4月8日(日)
応接サロンにて10時~18時(最終日16時)
遥かシルクロード~キリムと呼ばれる敷物展
アフガニスタン、パキスタンなどの中央アジアに毎年出向きキリムを収集している浦田浩之さん(静岡)が
平織り敷物キリムを多数紹介し展示販売。

2018年4月3日(火)~4月8日(日)
ギャラリーにて10時~18時(最終日17時)
白い短評 杉本さやか画展
盛岡市の画家 杉本さやかさんが個展。岩手の海や盛岡の風景をモチーフにした心象画新作20点。
他、エッセイと挿絵を担当した文芸誌や表紙画の原画などの展示コーナーも。盛久ギャラリーで初めて。


2018年3月21日(水)~3月25日(日)
ギャラリーにて10時~18時(最終日16時)
藤田典子 てんこもり展Ⅱ
北上市の書家・藤田典子さんの個展。書作品のほか、布絵、一閑張のバッグなど全46点。
盛久ギャラリーで2回目。


2018年2月27日(火)~3月4日(日)
ギャラリーにて10時~18時(最終日16時)
紡ぐ・縫う・創る・鋳る
富樫由紀子・齋藤愛/染織  菅川恵梨・江田朋哉/鋳金
岩手大学出身で工芸制作を続けている4名の作品展。羊毛や麻などの柔らかな素材による染織・縫製作品と、鉄や青銅、錫などの鋳物金属造形作品計31点。盛久ギャラリーで2回目。

2018年1月31日(水)~2/4日(日)・2月14日(水)~2/18日(日)・2月21日(水)~2/25日(日)

ギャラリー&応接サロンにて10時~17時
盛久館蔵品展~新収蔵絵画を中心に~
物故作家、現存作家をまじえ盛久ギャラリーのコレクション展を開催。
昨年および一昨年の新収蔵を中心に絵画、版画、彫刻、陶芸、金属作品など22作家の計50点。


2018年1月6日(土)~14日(日) ギャラリー&応接サロンにて10時~18時(最終日16時)
盛久ギャラリー企画
新春の祈り 七福展
伊藤馨一(素描、彫刻) 伊東明子(油彩画) 及川昭伍(陶芸)
武田夏実(書) 辻やのか(絵画) 三浦千江美(書) 三浦千波(油彩画)
岩手県出身で主に東京で活動・交流する7人の作品展。このメンバーでの企画展は盛久ギャラリーで二年ぶり二回目。








展示情報へ戻る

トップページへ戻る






Copyright (C) 2007 MORIKYU-GALLERY. All Rights Reserved.